アクセスカウンタ

初めてのブログだから創めの一歩

プロフィール

ブログ名
初めてのブログだから創めの一歩
ブログ紹介
結構長くやってるんで、そろそろ“初めて”じゃ変ですけどね。

今年このブログに登場すると思われる話題↓

★時事ネタへのバカッター並みのお発言
★ゲームのプレイ状況(3DS、ブラウザゲームなど)
★老いた親と同居するがゆえの愚痴
★40代独身の趣味と暇つぶし
zoom RSS

ビジネス誌はフランスがお好き???

2019/02/13 18:28
なにかといえば「フランスでは」という記事が出てくるようですが、学校の後援会にフランス系修道会が参加してる時期にちょうど在籍してた私としては、「今のフランスなんかわざわざ知る必要は無い。察して十分」といったところ。

フランスのヨーロッパ内での立ち位置は、クーデターで王を倒して自由を満喫してしまった先祖の愚行を受け止めて開き直った人しか住んでいない所です。

サラリーマン風に言えば、労働者が社長一家を殺害し、会社を潰して永遠の休暇を手に入れて、そのまま早めの老後を満喫して死に絶えただけならうまくやったのがフランス人といえるかもしれませんが、実際は労働者の子孫が残っていて、その後の生活苦という悲惨のなかで暮らしているのがフランスにおけるド庶民労働者世帯です。

だから、そんな今のフランスど底辺人の暮らし方を解析する行為は、面白半分でやってるか嫌がらせだと思う。

「先祖の愚行で苦しむ子孫である我々を国際社会に知ってほしい・・・
要するに助けてほしい・・・かっこよくw 乞食に施すみたいにするのはやめてよ、みじめでしょ(怒)」

という主張を世界中で展開しているのがビジネス誌に出てくるフランス人です。

服が10着・・・というのも、あと30着ほど頂戴な♡って事なんですよw
銀座のクラブで店の子に言われたら、あ〜そのうちねって答える程度でしょうが、一部のビジネス誌は本気ですか? 編集長は正気ですか?

貧乏してるんだから、服は無いし、化粧もしないし、食事も質素にするしかないし、食器を洗うなんてとんでもない。水と洗剤がもったいないでしょう。

それよりも、どうして日本女性は、必死になって料理を作り、化粧をしまくり、毎日違う服を着るのでしょうか。

その答えは、ヨーロッパから女性の事務、軽作業という知的な業種が輸入されるまで、日本女性の労働の場は「宿場」しかなかったということがあると思うんですよ。

これは、某国の「売春宿」問題があるので、地雷を踏みたくないから話題にしないのだろうけれど・・・そもそも、
売春をするのに、毎日気合を入れて変化するほどの「化粧と衣装と料理」って必要ですか???

それが、日本は某国とは違うということなんですよ!!!
女性の労働環境のもとになっている業種が違う!!!

日本女性が毎日「化粧と衣装と料理」を変えることで、江戸時代の日本独自の”参勤交代”というシステムにおいて、宿で複数の殿様(の部下)を同時にもてなすという神業wを可能にしてたのですよ!!!

最近は女性の活躍って言わなくなってきた?みたいだけど、女性が活躍してないのではなくて、活躍できない程度の女性の愚痴に焦点を当て過ぎていただけでしょうね。

女性が女性らしさを用いて働く場合の技術水準は、日本もフランスも高いでしょ? 技術水準が高すぎてそこに就職できないから日本にきてしまうのかもしれないけれど、日本の女性が多い職場の「売春抜きで化粧と衣装と料理だけ」技術水準が十分に高いんで、移民は本番行為をするのかもしれないけれどね。

ちなみに、某国の売春婦とされるおばあさんたちが、現役当時にどれほどの労働をしていたのに殴られたwのかの一切の労働技術情報は明らかにならなかったようですけど、今のフランスで就労できるほどの、女性らしい女性ならではの労働技術水準はこのレベル(注意:視聴に年齢制限があるかも)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アリアナさんという女優さんが日本語のレッスンを辞めたこと

2019/02/12 17:55
賞賛しますわ!!! って、移民よ出てけの意味じゃないよ。

このブログでは、移民・海賊は出ていけという主張の記事が多いけれど、まだ日本に来る前に失敗したこの女優のことは、なんかとってもかわいいw かわゆいww

もしかしたら、日本の連ドラに出演してアジアでもスターになりたかったのかもしれないけれど・・・いままでさんざん、アジアのスターがアメリカンドリームを夢見てアメリカに行ってその夢を打ち砕かれてきたことの、逆バージョン。

異民族、異宗教の国で働く道を選ぶ前に、ちょっと冷静になってくれる人が一人でも増えてくれるならいいわ。



七つの輪っかのつもりで七輪という単語を創造してしまったのは、小学生の国語レベルの間違いだけど。

神の言葉であるラテン語で、学習の途中で変な造語を作ってしまったら、ラテン系の国ではどうなの? ちゃんと学習するように指導されるんじゃない? 近代の造語だって、大人が国会でいっぱい話し合ってからじゃないと作れないんじゃないの?

少なくとも日本ではっていうか、漢字文化圏では、造語は天地創造並みの異常事態。笑いとかお遊びとか、このブログ内でとかwっていう約束事の中でやるのはいいけれど、大人社会でやると人格や体調が疑われるレベル。なぜなら、漢字は神の言葉に匹敵するから。神が作ったあらゆるものを絵のように写し取った言葉だから、ラテン語の古書やクルアラーンを勝手に変えて遊んではいけないのと同じなのよねー

ちなみに、日本語のテキストには二種類あって、最近の労働移民用に今の政府が作った今風の簡易テキストと、日本に定住する人のために作られた古いテキストがあるんですよ。

この古いほうのテキストをすべて習得している人のことを・・・・・三蔵っていうんですよwwww

まさかの、外国人にとって「日本語のレッスン」って誰から何を習えばいいのって話ですが、最近の労働者用日本語は韓国人が経営する日本語学校で習っている人が大半だよね。でもそれは、日本という場所で仕事ができても日本の文化には馴染めシステムだからね。

ほんと、まさかだよね。外国人にとっての日本語の先生って、まさかだと思うわ。ふつうは、気が付かないよねー。みなさん、いい加減に台湾系のラマ僧とかタイの小乗仏教の実は牧師さんとかから習っちゃうんだよね。それでも、労働者としては日本語で仕事ができるから。

日本のことが移住したいほど好きなら、着眼点が違うはずなのよ。
労働者住宅の高給取り用のマンションに住みたいだけなら、むしろ英語をしゃべり続けたほうがいいエージェントに世話してもらえるよw

英語はインドの言葉をもとに作られているから、精神性でいえばインドの言葉を中国語に訳したものを輸入した日本語と同じ言語なのだよ。だから、英語をきちんと理解していれば日本の定住民と意思の疎通ができる。でも、アメリカ英語で雰囲気トークをしていると、日本語で雰囲気トークしかしていないアジアの周辺国の人と精神性が一致してしまうんだな。だからインド風ヘナ装飾ではなくて海賊流のタトゥー彫りをしてしまった。

ほんとに、かわいい女優だわwwwww
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


国連が日本の児童虐待が増えたと文句をいうのだが・・・

2019/02/08 16:37
日本列島全体が中国大陸の姥捨て山みたいな僻地なのに、土地を貸せ、労働環境を整えろと無理難題を押し付けて、そのうえ子供の世話をしろと・・・

なんて図々しい海賊どもだろうか

まあ、政府に対応を求めたわけだから、海賊どもにガキつれて日本から出ていけという政策を堂々とできるようになりましたなwwww
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


日本の旅館に泊まって戸惑う外国人の本音を推理

2019/02/06 11:52
いやはや、日本式のおもてなしがまったくもってけしからんという意見をいう外国人が多いのかもしれませんが・・・

彼らの本音はこうよね?

俺ら騙された?
日本って、聞いてたのと違わねーか?

帰国後に、使用人やエージェントに、一体どういうことか?嘘を教えたのか?と詰め寄ってるのではないでしょうか???

あるいは日本の旅館側に、国際化したければあーしろこーしろと意見しているでしょうね・・・

無駄だと思いますけどw

日本文化の側は、外国人によって文化が破壊されたと認識してますから、これでもかこれでもかと日本文化を前面に出してきます。こんなおもてなしは嫌だと外国人が言えば、そうですか♪じゃあ、もう来ないでくれるのですね♪なんですから。

プライバシー云々に関しても、常時本名を出せとは要求されてないはずです。歴史ある日本の旅館ほど、外国人が思っている以上に「鎖国してても来日していた当時の中国の高僧」などの内密な接待をやり慣れています。

経済界のルールで宿泊費のカード決済の名義人がカード会社に対して偽りのない本人であることと、警察からの要求で宿泊者名簿(台帳)に偽装がなければ良いだけで、旅館には「自分たちをこう呼んでほしい」ということを直接伝えればいいのです。日本人はそうやって不倫旅行をやってるのですからwwww

(一組の夫婦のような客が台帳に鈴木と高橋と書く)
受付「鈴木様で?」
鈴木「今日のところは二人とも佐藤で」
受付「かしこまりました、さとうさま〜ごあんな〜い」

というのがまかり通るのが伝統的な日本の旅館ですwwwww

ていうか、外国人の名前はアルバイトの仲居さんには不評なので、本名よりも有名人の名前で呼んでくれっていう外国人客のほうがいいお客さん。毎年ロバートデニーロ様が何十人もご宿泊ですwwwwっていうのが日本旅館の定番コント。

自分から本名を名乗るだけで済ませておいて、歓迎看板の個人情報を云々いうのは、相当ズレた日本情報をお持ちですよ。

ちなみに、中国の中国旅館(酒店)で同じ料理が続くと文句を言うアメリカ人も同じ。自分からリクエストしないと巡礼者向けの一般食しか出してもらえないの。

日本も中国も、伝統的な旅館は「道教&仏教&回教がコラボした宗教施設」だからね。自由競争下のビジネスだと思ってたら、嫌な外国人客になっちゃうよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


障碍者を差別する側の名称が必要

2019/02/05 11:39
「社会のほうを変えれば障害者差別は無くなる」と考えている人は、障害者や障碍者という価値観が生まれた原因である、有資格選民集団の社会のほうをきちんと認識して社会の呼び名を決めるべき。

西洋社会では、この有資格選民集団として「軍隊」という呼称があるし、中国では「人民」という政治的パフォーマンス集団の呼称がある。「軍隊」も「人民」も、ただの人類のことではなく、目的があって行動している団体であり、その目的の達成の妨げになるものはすべて「障害」であり、障害が人であれば「障害者」だったわけです。

日本は「軍隊」も「人民」もないので「障害」もないのですが、外国人を認識する必要があります。正直、全部「外国人」でもいいと思うのですが、細かく呼び分けてほしいという要求に応えた結果、「障害者」を意味する外国語を日本語に訳して使う必要があったわけです。


その表記への不満を述べているのは、外国人自身か、日本語の文字に敏感な感性をもっている情緒家の日本人だけだろうねえ。

「障害者」あるいは日本語表記の障碍者には、ぶっちゃけ死にかけている人も含まれてます。個別の不便さを程度差で比較したりするよりも、「軍隊」や「人民」のように、「いったいどういう団体なのか」のほうを呼称することで、「(その団体の)障害者」という表記をするように変えるべきだと思う。

× 視覚障碍者・・・生存の危機に直面している人から、目が見えにくいけど生活にはあまり困ってない人までを幅広く含んでしまう
〇 視覚業務障害者・・・視力以外の障害は全くなくても、見えないのならば害になる人。

〇 生命維持困難者・・・そもそも生きづらく、社会を変えるっていう意味が、社会全体をまるで病院の中であるかのように、共に暮らす人もすべて医者か介護者や善意の人ばかりになるように改革してあげなければならないの意味になる人。

みたいな感じ。戦後の日本は、病院や療養棟の不足を地方都市のまるごと病棟化で対応してたから、普通の道路に点字パネルが埋めてあったり交差点で音が鳴ったりしてたけれど、病院の数と患者の数が釣り合う様になれば、今後も整備を続ける病院化都市は限られてくると思う。


多様化といえども、予算や整備の人手という壁はあるわけで、ある程度はおまとめする必要があると思う。見えない聞こえない歩けない・・・に、すべて対応する街づくりよりも介護タクシーというサービスに集約しようみたいにね。

上の視覚の例だと、国家は生命維持困難者も国民に算入する限りは、特別にでも保護する必要があるだろうけれど、業務妨害のほうは、その会社と個人との関係で決まることです。

入社試験で断ることも、見えなくなったら辞めさせることも、よく見える人が多くの報酬を得ることも、業務に必要であればまったく問題がないと思う。見えるという資格に特別報酬がつくだけ。これは、今の障碍者保護活動家が根っこから勘違いしていることだと思う。だって、見えないが才能だという仕事だってあるのだから。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


恵方巻もイワシの頭も信心から

2019/02/04 20:53
今年はどのくらい廃棄したんでしょうかねえ

ちなみに私は、あいかわらずの回転寿司屋の丸ごといわしを堪能しましたがw
毎年食べてますが、年々食べやすく、おいしくなってるんですわ。


商売人たちは、何を根拠に恵方巻を用意してるんでしょうかね。

節分イベントは宗教で言ったら何教でしょうか。そこを全く理解しようともしないで、日数が少ないが故の2月の売り上げを底上げする商品を探し求めているのかもしれない。

欧米の外資系にとっては、バレンタインのチョコ商戦において聖バレンタインさんとその信仰のことはあまり気にしなくいいのかもしれないけれど、節分は異教イベントなのですが理解してるんでしょうかね。

恵方巻は、その食べ方においては、関西の遊郭のお下品なお遊びですが・・・・

立春前日の節分に食べるお節としての海苔巻きや太巻きは、新年(の太陽)を祝う伝統行事食・・・・ではなく、農作物のことやら漁のことやらと、太陽の下、昼間に行う仕事の会合で忙しいということで簡単に食べられる伝統的なファストフードだよってだけです。神棚にお供えする人もいるみたいだけど、まあ、最終的には食べちゃうもんですよね・・・

・・・まさか、微々たる地方文化の調査の結果、恵方巻は神棚にお供えしたあと廃棄するみたいだから廃棄OK、みたいな流れになっちゃったの? うちでは、神社参拝とか昼間の仕事の会合とかで留守にするからって家族に作り置きしておく昼ご飯なだけよ。今は立春の節分の神社参りとかあんまりしないけど。仕事の話は電話とメールで十分だし?? 農業以外の業種に、立春はあんまり関係ないし?

中国の春節は、新年(の月の運行)を祝っていて、旧暦だから移動祝日だし、その日というよりは長期間のイベントですよね? 太陰暦(月の運行)が根拠なので、イベントの多くが夜間に灯をともして行われるものでしょ?


節分って、宗教的に何教かといえば、一番近いのは中国の道教ですよ。日本でも地域によっては、煎り大豆ではなく五色豆を使うんです。五行思想ですね。

また、節分の根拠となるものは太陽の位置。太陽の運行をありのままに受け止め、天体と宇宙空間と人間の営みの一体感に浸り、太極や無為自然に思いを馳せるのが、節分行事の目的の一つです。立春だけは新年になる行事が追加されちゃうけどね。

季節の変わり目に、次の季節に必要な準備をする。当然、料理当番も準備で忙しいから、その日の料理は簡単にする。それが各季節の節分料理の根拠です。

節分(の忙しい日の手抜き家庭料理、または集会で振る舞う軽食としての)料理は、立春は海苔のシーズン中なので、海苔巻きがちょうどいいだけです。立夏は蒸したおこわなど、しっかり加熱してないとそろそろ食中毒の心配が。立秋はまだまだ暑いからそうめんのように一度加熱したあとわざわざ冷やしたり、蒸しパンのように冷めてもそのまま食べるものが多いよね。立冬は集会場の焚火で鍋料理とか芋煮とか。

正月のおせちは、食事である雑煮の他に、行事食としての黒豆と田作りとかずのこと・・・を、お屠蘇のおつまみくらいの量だけ用意すれば・・・といって、同じように節分のおせちの恵方巻を店頭に並べたらダメですよ。恵方巻のポジションは雑煮の位置なんだから、その分だけ食事系の販売量を減らさないといけないの。行事食は豆まきの煎り大豆と頭付きのイワシ。

恵方巻は、普段の食事を巻きずしに差し替えるだけなんだから、一日3食×28日分の食糧の消費量は変わらないはず。恵方巻は2月の総売り上げ額には何にも貢献しないと思うよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年の久月のお雛様がwwww

2019/01/23 18:27
ものすごく精巧に作られているので、太極拳を習ってる人や筋肉に詳しい人には、このお雛様のモデルになっている人物の”気”の集まる所がよくわかる!!!!

あの男雛wは、上半身の重心だけがかなり後ろよね? 烏帽子が後ろ気味になるのは、腹筋と胸筋の力が抜けてるのか。いわゆるビール腹のおっさんが服を着ているシルエットに見える。顎を引いて顔の向きだけで修正してむりやり正面を向いているかもしれない。太極拳的にこの立ち姿をまねすると、肩と首の後ろに常時緊張があるので、このお雛様は相当な肩こり体質ではないでしょうか?? 

あの女雛は、全体的に前のめり。しかも顔の筋肉が大変だなこりゃw
あきらかに、額の真ん中のあたりに筋力が集中している。

力が入っても良い表情に見えるのは、視力検査するくらいの距離をしっかり見ているように目元に力が入ってる場合だけ。その目線ラインが下向き過ぎて鼻先をかするようだと、これもまたよくない小ばかにした表情になるのでしょうが、この雛のように、額のど真ん中に気が集中しているというのは、前頭葉に意識があるということなので・・・そこになにか不自由でも?というずばりの表情ですよね。

前頭葉に集中するあまり、胴体の前面にも力が入っているので重心が前にあるように見える。表情と立ち姿をまねすると、前頭葉周辺のほかに、あご、首の前面、腕と腹筋を使って立っているのでは? 前面の力に見合うだけの筋肉が胴体の脇と後ろにはあるかもしれないけれど、イメージとしてはエプロンの紐とか昔のコルセットの金具を背中と腰の後ろの数か所で結ぶような向きの筋肉がついているはず。 お辞儀のように背骨を引き延ばす方向に動かすのが難しいかも。

立ち姿から健康状態を推理する限りでは、すぐ死にそうというよりは、疲やすいので緊急事態のように激しく忙しい事態になった時に、すべてあとヨロにしてテロリストに騙される大失態とか、頑張りすぎてタイミング悪く倒れるとかがありそう。



私も腰をやられてるので、おしりを突き出さないとお辞儀ができないです。バレエでも前屈系で注意されまくり。力の入れどころがおかしいので、来月くらいから筋力バランスの調整をするかも。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

初めてのブログだから創めの一歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる