初めてのブログだから創めの一歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日のことで今日を生きるから馬鹿にされるのさ

<<   作成日時 : 2018/07/04 14:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

在日ちょーせん人と言われる人(イントネーションから朝鮮人の意味ではない)のことは、学習障害を持ってる人には全く通じない。

関西地方で生きていくには必須スキルだけど、スキルが無い人が転勤とかでこてこてな地区に行くと精神を病んで帰ってくね。

「すごい奇麗」という口語を文法を用いて解説させてみるとわかる。すごいは奇麗を修飾するって答える人は、感情や感動に関して障害があるか、日本語の先生が悪い。奇麗を修飾したければすごく奇麗と活用変化するので、この口語の場合はすごいと感嘆してから、奇麗ともう一度感嘆している。

ちなみにこてこての大阪の「すごいやん奇麗やん」は、すごいやんがあなたのセンスは無いと思うの意味であり、それに続く奇麗やんはだけど口先だけでも誉めとかないとけんかになったら困るのつもり。すごく奇麗やんは奇麗のこと。

在日ちょーせん人と言われてしまう人は、言葉に乗っかっている感情が理解できないレベルの人だということ。
そういうレベルで感情表現豊かな文化圏に住んで精神を病むのは、社会での孤立っぷりを顧みる力だけはあるという証かもしれないけどね。

日本人の「好き嫌い」の感情を理解したうえで「嫌いに分類される分野にいるのが自分でがっかりだし、親しくさせてもらって申し訳ない」という感情を日本語で表現できる外国人は、国籍上本当に在日でも嫌われません。がっかりするために日本に来たんじゃないとかがっかりは悪いからがっかりしないようにさせろとかは、日本の感情文化では嫌いな外国人に分類されて淘汰されるだけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨日のことで今日を生きるから馬鹿にされるのさ 初めてのブログだから創めの一歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる